入学までに

工学院大生のための学習用パソコン(2022年度入学者向け)

(2021年12月18日更新)
(2021年12月10日更新)
(2021年11月25日更新)


(2021年12月18日更新)工学院大生協おすすめパソコンの予約受付開始しました!
パソコン・電子辞書・関数電卓をお申し込みの方はこちら
12月7日に工学院大学の学習用ノートPC基本仕様が発表となりました!
生協の提案パソコンは基本仕様を満たした安心のパソコンです。

(参考)学習用ノートPCと自宅用無制限高速インターネット接続通信回線の用意について
 

工学院大生の勉学には自分専用のパソコンが必須です!

工学院大学生協オリジナルパソコンセットで安心の4年間を

工学院大学では『BYOD(BringYourOwnDevice)』を導入しており、入学生の方は自分専用のパソコンを用意する必要があります。
しかし、ノートパソコンであれば何でも良いというわけではありません。選ぶパソコンによって、授業を受けるときや課題をこなすときの快適さは変わります。工学院大学生協では、大学推奨のスペックを満たした、大学生活4年間安心して使い続けられるパソコンをご用意しております。ぜひ量販店等で販売しているパソコンとも比較してください。
教科書・教材・パソコン・関数電卓などの資料をお送りしています。お申込はこちらから
パソコン・電子辞書・関数電卓をお申し込みの方はこちら

生協は4年間充実した大学生活を送れるようパソコン“あんしん”をセットにしました。
 
工学院大生のパソコン事情
 

パソコンを利用する場面は多岐にわたります!

パソコンは入学をすると同時に利用します。4月の入学式が終わるとすぐに履修登録をしないといけません。履修登録はWebで行い、主にパソコンを使って行います。
履修登録が終わっていよいよ授業がスタートすると、オンライン授業をパソコンで受けたり、レポートなど課題をパソコンで作成して提出したりします。

上級生になると研究室での活動や就活、卒論制作など、さらにパソコンを利用する幅は広がります。

オンライン授業でパソコンの利用する機会が増えました!

新型コロナウィルスの影響により、工学院大学でも2020年からオンライン授業を実施するようになりました。オンライン授業実施前に比べて、パソコンを利用する時間は明らかに長くなりました。

生協で現役工学院大生に行ったアンケートの中でも、『一日のパソコン利用時間が3~8時間以上』という方が8割以上という結果になっています。

長時間に渡って利用するものだからこそ、「見た目」や「なんとなく」だけでなく、使いやすいものを慎重に選びたいですね。

学内のパソコン環境ついて

工学院大学生は「Kuport(キューポート)」というポータルサイトを活用しています。このサイトは大学に関連する様々なシステムや履修登録、大学からの授業情報などがまとめられています。
大学に関することはこちらの「Kuport」にアクセスし、多くの学生がパソコンから確認を行います。

また、工学院大学はMicrosoft社と契約をしており、在学期間中はご自身のパソコンでOfficeアプリケーション(Word,Excel,PowerPointなど)が利用できるようになっています。
(※利用可能になるのは4月のご入学後となります。利用方法については大学から案内がございます)


 

先輩たちのパソコンの使い方


  • 先進工学部生命化学科 新4年生 遠藤和佳奈先輩
  •  1年生の実験科目では手書きレポートが多かったので、空き時間に大学のパソコンルームで課題を行うことが多かったです。
    しかし、2020年からオンライン授業が始まると、講義を受けるときや課題の提出をするときなど、様々な場面でパソコンを使う機会がとても多くなりました。もちろんスマートフォンでも課題の提出はできますが、パソコンではチャットでの質疑応答などが複数のウィンドウを使って効率的に進めることができるので、自分専用のパソコンを買って正解だったと感じました。平日はパソコンを一日中使っているので、バッテリーが長持ちするパソコンや、作業性の高い大きい画面のパソコンもおすすめです。

 

  • 工学部電気電子工学科 新3年生 藤井凜先輩
  •  大学生になると、高校の時よりもパソコンを使う頻度が各段に上がります。新型コロナウイルスの影響で、2020年からは多くの授業がオンラインで実施されました。授業資料のダウンロードや閲覧、リアルタイム配信の受講など、授業に関する様々の場面でパソコンを使っています。

     また、大学ではレポート課題がよく出されます。レポートを書く時にはWordやExcelなどを使うことがほとんどで、スマートフォンでは完結できない作業が多くあります。作業時間も長くなるので、バッテリーの持ちがよいパソコンをおすすめします。

 
工学院大学生協オリジナルパソコンセットの4つの“あんしん”
 

その1.現役工学院大生へのアンケートから選んだ、BYOD推奨スペックを満たした高性能なパソコンです

生協では現役の工学院大生80名以上にアンケートを実施し、工学院大学の学生の使い方にあったパソコンレッツノート CF-FV1M6LACを紹介しております。

アンケートの中では学年問わず多くの学生さんが『Corei7/メモリ16GB』のパソコンが望ましいとコメントしており、生協提案パソコンはこの性能を満たしています。
これは量販店などで多く販売されている『メモリ8GB』モデルとは異なり、オンライン授業が浸透した最新の学びに合った高い汎用性があります。ストレージも512GBと十分な容量があり、オンライン/対面授業問わず、4年間通じて活躍します。
さらに生協で紹介しているパソコンは、大学の方とも事前に確認をしており、BYODに関する推奨スペックを満たしたパソコンです。

さらに、同じ『Corei7/メモリ16GB』のノートパソコンでも、機種によって性能が違うのはご存じでしょうか?
機種によっては、利用中に発生する熱によって性能を100%発揮できない場合がありますが、生協提案のレッツノート CF-FV1M6LACはハイスペックを最大限に生かす独自のテクノロジーのMAX PERFORMERを導入。制御ソフトによってCPUや排熱をコントロールし、本体を冷却することで100%の性能を長い時間持続することができます。

また、画面サイズが量販店などで多く販売されている『13.3型』のものより一回り大きい『14型』を採用。それでいて重さは1.099Kgと非常に軽量です。さらに画面は3:2比率で縦に長く、エクセル等をはじめとしたマルチタスクをこなす理系学生にピッタリのモデルです。

バッテリーに関しては長時間駆動可能な『Lサイズバッテリー』を採用。
さらにはバッテリーが着脱式なので、4年間使う中でバッテリーが摩耗した場合にも生協での購入が可能で交換が容易です。

その2.卒業まで安心して4年間使えるパソコン

通常パソコンはメーカー保証が1年間しかついていませんが、生協の提案するパソコンには4年間のメーカー延長保証が付いています。またメーカー保証対象外の破損(水濡れ、
物理破損など)の場合にも適用される動産保険も4年間ついています
。例えば液晶画面の破損などは10万円を超える修理額となることも珍しくありませんが、保証上限金額内であれば自己負担金5000円(+税)で修理が可能です。さらに修理期間中も無料で代替機を貸出しますので、故障して授業が受けられないような状況にも対応します。


その3.初心者にも安心!セットアップサポート&パソコンスキルアップ講座

新入生の中には、大学生になって初めて自分専用のパソコンを買う方も多いです。
「どうやってパソコンの初期設定をしたらいいかわからない」「学校のシステムの使い方は・・・」という方向けに、大学生協オリジナルのセットアップサポート用の動画サービス(生協パソコン購入者限定)をご用意しております。

また、4年間のLINEサポートサービス(生協パソコン購入者限定)も付帯しており、パソコンに関する些細な疑問なども気軽に相談できる体制を整えております。

また、「大学の授業についていけるか不安・・・」「Officeをうまく使いこなせるか心配・・・」といった不安のある方向けに、パソコンスキルアップ講座(有料)もご用意しております。現役の工学院大生達が、実際の経験を基にオンラインで丁寧にお教えします。
パソコンスキルアップ講座についてはこちら

その4.市場価格より約10万円程度安い非常にお得なモデル

生協で提案しているレッツノート CF-FV1M6LACは大学生協限定のオリジナル型番商品です。
同じくPanasonicの『CF-FV1~』というシリーズは量販店などでも販売しておりますが、同程度のスペックの商品と比べると販売価格は約30万円と
約10万円の価格差があります。

メーカーのPanasonicと大学生協は、ともに連携しながら新大学生向けのパソコンを提供する体制を整えているため、非常に安価な価格での販売を実現しています。さらには安心の4年間保証+学内でのサポート体制などを準備しており、保証面・価格面でも大変お得なパソコンです。

 
生協の”あんしん”が詰まったオリジナルパソコンセットはこちら
(2021年12月10日更新)一部セット商品に関して変更を行いました。販売価格も新価格(値下げ)となります。

工学院大学 2022年度学習用ノートPC 基本仕様準拠
プリンター・オプション品のご案内はこちら 電子辞書・関数電卓のご案内はこちら パソコンの詳細はこちら(準備中)データ通信機器についてはこちら

パソコンをご利用の際はこまめにバックアップを取りましょう!

工学院大学ではデータのバックアップを推奨しています!
急なデータの紛失や故障に備えて、パソコンの利用時はこまめにバックアップを取りましょう!バックアップ用の外付けハードディスクも販売しておりますので、持っていない方はご検討ください!外付けハードディスクはこちらからチェック

工学院大生から学ぶパソコンスキルアップ講座

この講座は、工学院大学の先輩が学生生活で必要な内容を厳選してつくりあげたオリジナル講座です。Officeソフトの利用方法を中心に、レポートやプレゼン資料の作成方法など大学生になったらどのようにパソコンスキルが必要になるのか、この講座で学び、身につけることができます。



パソコンスキルアップ講座の詳細はこちら