工学院大生のための学習用パソコン

2​​​月8日(木)更新:
dynabook GCX83 オニキスブルー』『DELL Inspiron13 7000(7300)』のECサイトでの販売を開始いたしました!
購入は以下のサイトからお願い致します!

パソコンのご購入はこちらから

またパソコンを使う時は必ずこまめにデータのバックアップを取りましょう!
パソコン修理の受付時にはバックアップのご確認をしております。
バックアップ用の外付けハードディスクも販売しておりますので、持っていない方はご検討ください!

外付けハードディスクについてはこちら
 

工学院大生の勉学には自分専用のパソコンが必須です!

工学院大学生協オリジナルパソコンセットで安心の4年間を

2021年度から工学院大学では『BYOD(BringYourOwnDevice)』が始まり、入学生の方は自分専用のパソコンを用意する必要があります。
工学院大学生協では、大学推奨のスペックを満たした、大学生活4年間安心して使い続けられるパソコンをご用意しております。ぜひ量販店等で販売しているパソコンとも比較してください。

【注意!!!】
新入生の皆さんは2021年4月1日の初登校日(オリエンテーション)
にパソコンを持参する必要がございます!
3月15日(月)までのお申込みがオススメです!早めにパソコンを用意して、初期設定などを済ませておきましょう!


参考リンク:工学院大学入試サイト
【新入生の皆様】学習用ノートPCと自宅用無制限高速インターネット接続通信回線の用意について

パソコン・電子辞書・関数電卓を今すぐお申し込みの方はこちら
生協は4年間充実した大学生活を送れるようパソコン“あんしん”をセットにしました。
 
工学院大生のパソコン事情
 

パソコンを利用する場面は多岐にわたります!

パソコンは入学をすると同時に利用します。4月の入学式が終わるとすぐに履修登録をしないといけません。履修登録はWebで行い、主にパソコンを使って行います。
履修登録が終わっていよいよ授業がスタートすると、オンライン授業をパソコンで受けたり、レポートなど課題をパソコンで作成して提出したりします。

上級生になるとゼミでの研究や就活、卒論制作など、さらにパソコンを利用する幅は広がります。

オンライン授業でパソコンの利用する機会が増えました!

新型コロナウィルスの影響により、工学院大学でもオンライン授業を実施するようになりました。工学院大学ではオンライン授業実施前に比べて、パソコンを利用する時間は明らかに長くなりました。

長時間に渡って利用するものだからこそ、慎重に選びたいものですね。

学内のパソコン環境ついて

工学院大学生は「Kuport(キューポート)」というポータルサイトを活用しています。このサイトは大学に関連する様々なシステムや履修登録、大学からの授業情報などがまとめられています。
大学に関することはこちらの「Kuport」にアクセスし、多くの学生がパソコンから確認を行います。

また、工学院大学はMicrosoft社と契約をしており、在学期間中はご自身のパソコンでOfficeアプリケーション(Word,Excel,PowerPointなど)が利用できるようになっています。
(※利用可能になるのは4月のご入学後となります。利用方法については大学から案内がございます)


 

先輩たちのパソコンの使い方


  • 先進工学部生命化学科 新3年生 遠藤和佳奈先輩
  •  1年生の実験科目では手書きレポートが多かったので、空き時間に大学のパソコンルームで課題を行うことが多かったです。
    しかし、2020年からオンライン授業が始まると、講義を受けるときや課題の提出をするときなど、様々な場面でパソコンを使う機会がとても多くなりました。もちろんスマートフォンでも課題の提出はできますが、パソコンではチャットでの質疑応答などが複数のウィンドウを使って効率的に進めることができるので、自分専用のパソコンを買って正解だったと感じました。平日はパソコンを一日中使っているので、バッテリーが長持ちするパソコンや、持ち運びに便利な薄くて軽いパソコンがおすすめです。

 

  • 工学部電気電子工学科 新2年生 藤井凜先輩
  •  大学生になると、高校の時よりもパソコンを使う頻度が各段に上がります。新型コロナウイルスの影響で、2020年からは多くの授業がオンラインで実施されました。授業資料のダウンロードや閲覧、リアルタイム配信の受講など、授業に関する様々の場面でパソコンを使っています。

     また、大学ではレポート課題がよく出されます。レポートを書く時にはWordやExcelなどを使うことがほとんどで、スマートフォンでは完結できない作業が多くあります。作業時間も長くなるので、バッテリーの持ちがよいパソコンをおすすめします。

 
工学院大学生協オリジナルパソコンセットの3つの“あんしん”
 

その1.BYOD推奨スペックを満たした長時間バッテリー搭載のパソコンです

生協が紹介しているパソコンは、大学の方とも事前に確認をしており、BYODに関する推奨スペックを満たしたパソコンです。

工学院大学の学生にとって必要な性能をもつ機種を選んでおります。
「どんなパソコンを買ったらいいか分からない!」という方も安心してご購入いただけます。

特にバッテリーに関しては長時間駆動可能なモデルを選んでおりますので、オンライン授業・対面授業のどちらも、一日安心してご利用いただけます。

その2.卒業まで4年間使えるパソコン

通常パソコンはメーカー保証が1年間しかついていませんが、生協の提案するパソコンには4年間のメーカー保証が付いています。またメーカー保証対象外の破損(壊してしまった)の場合にも適用される動産保険も4年間ついています。
さらに修理期間中も無料で代替機を貸出します。


その3.初心者にも安心!セットアップサポート

大学生になって初めて自分のパソコンを買う方も多いです。
「どうやってパソコンの初期設定をしたらいいかわからない」「学校のシステムの使い方は・・・」という方向けに、大学生協オリジナルのセットアップテキストとセットアップサポート用の動画サービスをご用意しております。

また、「大学の授業についていけるか不安・・・」「Officeはほとんどわからない・・・」といった不安のある方向けに、パソコンのスキルアップ講座(有料)もご用意しております。工学院大学の先輩学生達が、実際の経験を基にオンラインで丁寧にお教えします。
パソコンスキルアップ講座についてはこちら


 
生協の”あんしん”が詰まったオリジナルパソコンセットはこちら
 工学院大学 学習用ノートPC基本仕様 ミドルモデル準拠
プリンター・オプション品のご案内はこちら 電子辞書・関数電卓のご案内はこちらdynabook パソコンの詳細はこちらデータ通信機器についてはこちら
パソコン・電子辞書・関数電卓を今すぐお申し込みの方はこちら
 

工学院大学 学習用ノートPC基本仕様 ハイエンドモデル準拠
DELL Inspiron13 7000(7300)(シルバー)
最新第11世代Corei7 メモリ16GB SSD512GB Geforce MX350搭載 13.3インチ

3月6日(土)更新:ご好評につき、一時欠品中です。次回入荷予定は3月中旬ごろを予定しております。
 
おすすめポイント

ビデオカード搭載のハイスペックモデル
主に3Dグラフィックを高速かつ滑らかに表示するためのビデオカードを搭載しています。3DCADなどの専門ソフトを利用する際にも安心のハイスペックモデルです。

複雑な作業が増える上級生になった後も安心
多くの方は3~4年生以降、専門的な授業や研究が増えていきます。
その際使用する専門ソフトには高いパソコンスペックを必要とするものも多く、買い替えする人も少なくありません。

※作業レベルには個人差があります。また本機種における作業動作を保証するものではありません。

ハイスペックながら約1Kgの軽量モデル
ビデオカード搭載の機種は2Kg近い重量のものが殆どで、持ち運び頻度の高い大学生には向いていない機種が多くあります。
このパソコンは約1Kgと非常に軽く、女子のみなさんでも気軽に持ち運べるモデルになっています。

【付属品・付帯サービス】

・PCバッグ

・トレンドマイクロ社 ウイルスバスター4年版(大学生協オリジナル)

・大学生協限定オリジナルセットアップマニュアル
・大学生協限定オリジナルセットアップ動画
・安心の4年間メーカー保証&動産保証


プリンター・オプション品のご案内はこちら 電子辞書・関数電卓のご案内はこちらDELL パソコンの詳細はこちらデータ通信機器についてはこちら
パソコン・電子辞書・関数電卓を今すぐお申し込みの方はこちら


パソコンをご利用の際はこまめにバックアップを取りましょう!

急なデータの紛失や故障に備えて、パソコンの利用時はこまめにバックアップを取りましょう!バックアップ用の外付けハードディスクも販売しておりますので、持っていない方はご検討ください!外付けハードディスクはこちらからチェック

工学院大生から学ぶパソコンスキルアップ講座

この講座は、工学院大学の先輩が学生生活で必要な内容を厳選してつくりあげたオリジナル講座です。Officeソフトの利用方法を中心に、レポートやプレゼン資料の作成方法など大学生になったらどのようにパソコンスキルが必要になるのか、この講座で学び、身につけることができます。



パソコンスキルアップ講座の詳細はこちら