資格取得のすゝめ
司法試験へのチャレンジ

司法試験とは

司法試験は、裁判官、検察官または弁護士になろうとする者に、必要な学識・応用能力を備えているかどうかを判定するための国家試験です。法科大学院課程の修了者および司法試験予備試験の合格者を対象に行われます。
慶應義塾には法学部・法科大学院が設置されていることもあり、毎年全国でもトップクラスの合格者を輩出しています。

『なるほど先輩!』合格した先輩の声

合格した先輩の声

飯野 敦之さん(法学部法律学科4年)

大学3年次 司法試験予備試験合格
大学4年次 司法試験合格
所属サークル:法律サークル

法曹を目指したきっかけは?

高校3年のとき、選択授業で法律の講義を体験したことがキッカケです。
法律の世界は面白そうだなと感じ、どうせやるのならば最難関といわれる試験に挑戦しようと思い、法学部に進学し司法試験を目指すことにしました。具体的に弁護士になりたいと思うようになったのは、大学に入ってからです。
法律サークルに所属していたので、弁護士として働かれているOBの方とお会いしたり、先輩方が法律事務所に就職が決まったりしているのを見ているうちに、ますます自分もなりたいと感じるようになりました。

学習開始時期は入学直前から

大学入学直前からダブルスクールで司法試験の学習を開始しました。
法律学科に進学して驚いたことは、同級生で司法試験を目指す人が想像以上に多かったことです!
大学入学前後に学習開始する人がとても多かったので、同じタイミングでスタートを切れてよかったなと思います。励ましあったり、情報交換をしたりと、勉強しやすい環境でした。

◀スクロールしてご覧ください▶

高校3年 大学1年 大学2年 大学3年 大学4年
12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                                          予備試験短答式試験   予備試験論文式試験     予備試験口述試験 予備試験合格発表           司法試験       司法試験合格発表      
      学習開始 大学入学           サ|クル幹部に就任                       サ|クル引退                                                    
大学生活

大学の授業は週6日あり、サークルとダブルスクールがそれぞれ週3日というのが基本スケジュールでした。
授業がない時間帯は大学内の図書館に行き、司法試験用の勉強時間に充てました。周りでも空き時間を活用して勉強している人が多かったです。そのようにスキマ時間を活用することで、サークルに参加をしたり、遊びに出かける時間も確保できました。大学2年次はサークル内で役員も勤めまることができました。

1年生の頃の時間割

 
1     授業 授業 授業 授業
2 授業   授業 授業 授業  
3   授業 授業 授業 授業  
4 サークル 授業 サークル   授業  
5   授業     サークル  
6            
放課後  

Wスクールで勉強

 

Wスクールで勉強

 

Wスクールで勉強

どんな弁護士になりたいですか?

司法試験合格発表前に、大手事務所に内定が決まりました。
自分の中でひとつ、得意な分野を確立して、この分野ならあいつに任せよう!と信頼されるような弁護士になりたいです。

新入生の皆さんへ

これから将来を考えるにあたって、興味はあるけどどうしよう…という新入生の方も多いと思います。
でも、今「昔と比べて司法試験は合格しやすくなった」と言われていて、私自身もそうだなと実感しています。
まずは、勉強してみないとわからない部分も多いし、実際に勉強を始めてみると、法律の学習は奥が深くて楽しいと感じられると思います。
楽しみながらも地道に続けていけば合格できると思いますので、ぜひ挑戦してみてください。


合格した先輩の声

前島 賢士朗さん
法学部法律学科卒業・慶應義塾大学法科大学院(既修) 3年
※司法試験合格時点のものです

慶應義塾大学法科大学院(既修)在籍1年目に予備試験合格
翌年 司法試験合格
所属サークル:バンドサークル、法律系サークル
アルバイト:家庭教師(週2回)、派遣(週1回)

法曹を目指したきっかけは?

家族で一人くらいは法律をしっかり理解している人がいたほうがいいかなと思い、法学部に進学しました。
大学の授業で弁護士の先生からお話を聞く機会があり、弁護士は、法廷だけではなく企業や震災復興の場など活躍できる場が幅広いということを知ったことで弁護士を目指そうと決めました。

学習開始時期は1年生の春からがオススメ

私は大学入学後に授業を通じて弁護士にだんだん興味を持つようになったことと、当時は法科大学院に進学することだけを考えていたので1年生の冬からWスクールで学習を開始しました。
実際、勉強しているうちに、予備試験の受験を具体的に考えるようになったのですが、在学中には合格できなかったので、入学当初から学習を開始しておけばよかったなと今でも思います・・・。司法試験に興味をお持ちの皆さんには春スタートをぜひお勧めします。

◀スクロールしてご覧ください▶

大学1年 大学2年 大学3年 大学4年 法科大学院既修者コース2年 (1年目) 法科大学院既修者コース3年 (2年目)
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
                                                                         

予備試験短答式試験受験↓合格

     

慶応他 法科大学院受験

             

予備試験短答式試験

 

予備試験論文式試験

   

予備試験口述試験

予備試験合格発表

         

司法試験

     

司法試験合格発表

           

大学入学

             

学習開始

                                                                           

大学卒業

法科大学院入学

                                             
大学生活

法律系のサークルと音楽系のサークルに入っていて、アルバイトは家庭教師を週2回、派遣を週1回やっていました。家が遠くて通学で片道1時間かかっていたので、通学時間と大学の授業が無い時間を図書館で勉強するなどスキマ時間を活用することで、司法試験の勉強をしつつ、サークルやアルバイトも楽しむことができました。

1年生の頃の時間割

 
1 授業       授業

Wスクールで勉強

2     授業   授業
3 授業 授業 授業     サークル
4   授業 サークル 授業  
5   授業 授業  
6            
放課後 アルバイト

Wスクールで勉強

自由時間

Wスクールで勉強

アルバイト

自由時間
Wスクールはどうだった?

私の場合は、大学で仲良くしていた友人は民間就職志望の人が多かったので、受験仲間はWスクールのゼミで作りました。Wスクールは幅広い多くの司法試験受験生が集まるので、そこで学習することで、自分のレベルを把握できとても刺激になったので、できるかぎり通学して講義を受けていました。

どんな弁護士になりたい?

大手事務所に勤めることになったので、「その事務所に所属している」ということだけで信頼をしていただける部分があると思うのですが、私自身の能力で信頼をしていただけるような弁護士になりたいです。

新入生の皆さんへ

司法試験に向けて学習を始めると、大学生活を全然楽しむ時間はないのかな・・・と不安に感じている人も多いと思います。私自身も始める前はそう感じていました。しかし、実際にはWスクールで効率的に勉強することで、遊ぶ時間は十分とれますし、大学3年生になれば周りも就職活動を始めるので、自分だけが忙しいというわけではありません。ぜひ勇気をもってチャレンジしていただきたいです。

2018年春 伊藤塾 司法試験入門講座の開講風景

2018年春 伊藤塾 慶應義塾大学1年生限定 合格者による講演会風景

慶應生協では司法試験のWスクールの申し込み受付をしています。

また生協日吉3階のトラベル・スタディガイドフロアでは、各スクールが日替わりで相談会を開催しています。
Wスクールは直接スクールに申し込むよりも、生協で申し込みをした方が安くなります。
Wスクールをご検討の方はぜひ生協へご相談ください。

  • 日吉キャンパス:トラベル・スタディガイドフロア (生協購買棟3F)
  • 藤沢キャンパス:書籍購買部カウンター