生協・共済加入手続き(参考:2019新学期)

▶生協・学生総合共済等の加入方法


大学生協は、同じキャンパスで学ぶ学生・教職員が組合員になることにより、組合員どうしが協力し合い、組合員の生活文化の向上を図ることを目的とし、活動しています。

東京学芸大学生活協同組合は、学内の福利厚生を担う団体として、多くの学生・教職員の賛同を得て、1960年2月16日に創立されました。

あなたも学芸大生協の運営者!
こういうことをしたい。こういうことをやってみたらというようなことがあったら、いつでも提案して下さい。実現に向けていっしょに考え行動する仲間がいます。


[ 東京学芸大学生活協同組合概要 ]

生協創立 1960年2月/設立:1965年7月
組合員数 6,379名
出資金 8,303万円
最高議決機関 総代会
理事長 及川 英二郎(本学教授歴史学)
役 員 理事25名、監事4名
生協職員数 正規職員6名、パート・アルバイト約60名
2017年度供給高 8億5,642万円
2017年度学生総合共済 給付件数498件 給付金額3,244万円
関係団体 全国大学生活協同組合連合会
全国大学生協共済生活協同組合連合会
大学生協事業連合
東京都生活協同組合連合会
生協総合研究所


  

生協加入のお願い

東京学芸大生協は、学生・院生・教職員1人1人が出資金を出し合って加入し、利用し、運営し、協同で大学生活を豊かにしていく組織です。生協への加入には出資金が必要です。
学部・院生は、出資金15,000円(50口)でお願いしています。

皆さんの出資金は生協の店舗・運営の運転資金となります。現在、学芸大生の96%の方が組合員に加入しています。

出資金は卒業・退職など脱退時に全額ご返金いたします。
 

組合員になると…

 ・教科書、本、雑誌が定価の10%OFF
 ・生協のパソコン(4年間のサポート付き)
 ・学食パスを使って学食を利用できます

東京学芸大学生協「組合員証機能付きクレジットカード」も組合員証となります

東京学芸大学生協「組合員証機能付きクレジットカード」をお持ちの方も同様に組合員となります。
このカードを提示すれば組合員割引が適用します。

詳しくはこちら

 

学生総合共済(生命共済・火災共済)

健康で安全な大学生活がなによりですが、4年間の大学生活で病気やケガに遭遇するケースは少なくありません。
自分も含め同じキャンパスで学ぶ学生の「万が一」を保障するのが「学生総合共済」です。
1人暮らしをされる方は火災共済にもご加入下さい。

参考ホームぺージ



生協・学生総合共済等の加入方法

ご用意いただくもの

大学からの入学準備資料とともに加入案内を同封いたします。
申込書に必要事項を記入して、東京学芸大学生協までお送りください。

 加入案内、共済パンフレット、申込書、封筒 




◎加入手続きは下記の期日までにお済ませください!

早期合格者の方  12月26日(水)まで
前期合格者の方  3月18日(月)まで
後期合格者の方  3月28日(木)まで

 

 
  

学芸大生の保護者様の声