4年間の保証と保険

塾生のパソコンを守るのは-4年間の“保証”、さらに“保険”です-

「コワれた」ときのための保証は4年間あって当然。

イメージ

保証とは、正常な使用状態のもとでの故障を無償で修理するサービスのこと。
メーカーの保証は通常1年間ですが、塾生生活で使用することが前提なので、慶應義塾生協の提案するパソコンは当然4年間保証。
ちなみに量販店等でも、購入金額の5%程度を追加負担すれば、4年の延長保証は可能です。

でも…塾生に多いのは、「コワした」とき。

持ち運び時に落下させ液晶割れ、レポート作成時にキーボード上に飲み物をこぼした等、不慮の事故による破損は大学生につきもの。実際に過去4年間に生協で受け付けた修理のうち、5人中4人以上が「コワした」ことによるものです。でも、この場合、自然故障には該当しないので保証の対象外。予定外の高額な修理代が掛かります。

動産保険あり/なし簡易比較
(2016年度提案パソコンに附帯の動産保険)

持ち運び中に落下、
液晶が割れた
机から落下、
ハードディスクが壊れた
盗難被害に遭ってしまった
保険あり 修理費用:
負担
0~5,000円
修理費用:
負担
0~5,000円
新品購入のための補助金支給
保険なし 修理費用:
6~10万円程度
修理費用:
4~5万円程度
補償なし

イメージ

「コワした」ときのために。塾生に必要なのは保険です。

高額の修理代が原因で、パソコンが使い捨てになってしまう事は絶対に防ぎたい。塾生の修理の実情に合わせて…。「保証」はもちろん「保険」が必要と考え、慶應義塾生協の提案するパソコンは動産保険に加入済。ご購入から4年間、落下による破損や水濡れ、万が一の盗難や焼失など、不慮の事故による損失を補償します。
もしもの「コワした」ときも、これで安心。予定外の出費を防ぎます。実際の修理は、義塾内にある生協のお店へ、パソコン本体と保証書、動産保険の証書をお持ち頂くだけでOKです。

4年間の保険について詳しくはこちら

イメージ

慶應義塾内で在学中ずっと
安心してご使用いただくために

塾生パソコンをもっと知りたい方へ

まずは 資料請求。最新の情報をお送りします。

慶應義塾入学者・受験生応援サイトTOP

ページの先頭へ