商品に込めた想い

セット商品について「バックアップのすすめ」

この記事の所要時間: 約 132

Macの修理を受け付けていて、思うことがありました。
修理に伴う部品交換により、中のデータが消えてしまうことが多いということです。いくら本体は修理できても、肝心なのは中身のデータです。

みなさんが日々勉学してきた授業のノートや、レポート、論文などの成果物です。
確かに生協はPCに保険をかけることにより、みなさんの修理費負担を大きく減額することができています。ですが、大事なデータは、ハードにかけた保険ではどうにもなりません。
データを守るためには、みなさん自身で、こまめにバックアップを取ってもらう必要があります。
いままで生協でも新入生のみなさんに、オプションとして、バックアップ用のHDD(ハードディスクドライブ)のご案内をしてきました。
しかし、なかなかHDDを入手してまで故障時に備える方は多くなく、実際に修理に持ち込まれる方の大半がバックアップを取っていないという実態がありました。

そこで、昨年より、バックアップ用のHDDをセットに含めることにしました。
いままでの「必要な人だけ申し込んでください」という案内を改め、新入生のみなさんにお渡しするMacセットに必ずつけることにしました。

みなさんが時間と労力を費やした勉学の成果物が、消えてなくなるようなことがあってはならないと、私たちは考えています。
幸いにもMacにはTime Machine(タイムマシン)という優れたバックアップソフトがもともと入っており、WindowsのPCに比べてデータの復元が容易に行えます。別のMacに自分のMacの中身を、入っているソフトウェア含めて丸ごと復元することができるため、修理時にお渡しする貸出機や、新しいMacに買い換えなければならなくなった際にも、勉学研究を続けることができます。
バックアップの取り方は、講習会のときにも最重要項目としてお教えします。

商品に込めた想い TOPへ戻る

慶應義塾入学者・受験生応援サイトTOP

ページの先頭へ