塾生パソコン推薦文・2016年度購入者の声

  • 慶應義塾 ITC
  • 小林宏充 法学部教授

日吉ITC(Hiyoshi Information Technology Center)
所長 小林 宏充 法学部教授

塾生パソコン推薦文

パソコン

 大学生はどのような場面でPCを使用するのでしょうか?1, 2年生の間は,レポートやプレゼンテーション資料の作成といった使い方が主となるでしょう。モバイル端末で行うことが多くなりましたが,メールのやり取りやウェブサイトの閲覧にも利用します。1, 2年生の間に,大学生としての情報リテラシーを習得するにとどまらず,3, 4年生のゼミや就職活動,また社会人になってからも必要とされるレポートやプレゼンテーション資料の作成といったPCを利用したコンピューターリテラシーの習得も欠かすことはできません。3, 4年生ではゼミや研究室に所属して,専門的な知識の習得,文献の閲覧・引用,卒業論文の作成,学会発表など,PCをフル活用していくことになるでしょう。じっくりと文章を書いたり調べものをしたりするには,やはり自分専用のPCが欠かせません。

 大学生協で推薦しているノートPC(塾生PC)は4年間の大学生活で必要なソフト(Officeなど)はもちろん量販店のPCにはない4年間保証・4年間PC保険がついてきます。これが目当てで塾生PCを購入する教員もいるくらい保証が手厚いです。安心して4年間使用できるスペックになっています。オールインワンでじっくりと作業ができる適切な大きさの画面を確保しつつも,モバイルPCとしても利用できる点も考慮されています。毎日の満員電車で押しつぶされても壊れることのないPCであることも重要な点です。塾生PCは日吉キャンパス内環境での学内無線LANや学内プリンタ接続,keio.jpといったポータルサイトでの動作確認をITC側で検証済みです。生協委員がPCやソフトの利用方法や学内環境での利用の仕方など,講習会も開催しています。お得な塾生PCでキャンパスライフをエンジョイしてください。

慶應義塾 ITC

慶應義塾インフォメーションテクノロジーセンター(ITC)とは?

義塾に必要な情報基盤を効果的に提供することによって、義塾の教育・研究の発展および義塾の円滑な運営に寄与することを目的とした機関です。
慶應義塾ITCの主な業務は次のようになっています。

  • 義塾の情報化に関する中長期ビジョンの策定と実施
  • 情報基盤に関連する研究、開発、調査および試験
  • 情報基盤の整備、運用管理および運用規定の整備
  • 教育・研究・経営に関するシステムの開発、運用および維持

慶應義塾 ITC はこちら

2016年塾生パソコンご購入者の声

塾生パソコンの魅力

塾生パソコンの最も魅力的な点は4年間保証であることと、不明な点は大学ですぐに解消できることだと思います。大学生になって初めてマイパソコンを持つ人が多いと思いますが、「困ったことがあっても大学に行けば助けてくれる」ということはとても心強いです。また、無料の講習会でパソコンのセットアップ方法やWi-Fi接続方法などを一から教えていただけた点も良かったです。Word、Excel、PowerPointの講習会もありました。Wordは以前から使用していたこともあり、講習会に参加しなくても良いかと初めは思いましたが、意外と知らない機能が多く、とてもためになりました。
理工学部では4月の段階でWordやExcelを使用したレポートを既に三つほど書いています。その際に講習会で学んだことを生かしてレポートを書くことができています。やり方が分からないと困っていた友達に教えることもできました。理工学部生はほとんどの人が週に1回以上はパソコンを大学へ持って行きます。軽くて薄い塾生パソコンを購入して良かったです。

理工学部 T先輩

一人暮らしをはじめ、大学生活で効率よくレポートを書いたりする上でマイパソコンが必要になりました。しかし、自分は今までほとんどパソコンを使ってこなかったためにかなり不安がありました。そこで親と話し合ってこの塾生パソコンを購入することに決めました。購入を決めた点としては、やはり講習会を受けられるという点でしょうか。値段は少し高かったですが、全然パソコンの基礎を知らない自分なので、講習会でそれを丁寧に教えてもらえるということはかなり大きかったです。WordやExcel、PowerPointの使い方も大学生活の早い段階で教えてもらえました。2回目の授業から早速ネット提出のレポートが2,3個出たりもしていたので大変助かりました。その後課題として出されるレポートも大半がネット提出なので、教えてもらったことをたくさん活かせています。ソフトの使い方の基礎だけではなく、ショートカットキーも多く教えていただき、今ではそのキーを使いこなしながら、レポートを少しでも早く仕上げられるようになりました。大学4年間の保証と保険もついているという点も購入を決めた要因の1つです。塾生パソコンは重量も軽く、サポートもとても多いので魅力的なパソコンだと思います。このパソコンを選んでよかったです。

理工学部 I先輩

塾生パソコンを購入して

私が塾生パソコンを選んだのは購入後のサポートが充実していて、大学の4年間、安心して使用し続けられると思ったからです。
私は大学入学を機に一人暮らしを始め、自分専用のパソコンを初めて持つこととなりました。パソコンには全く詳しくなく、生協主催の使い方講習会付きの塾生パソコンにして本当に良かったと思います。ウイルス対策ソフトやOfficeのダウンロードなどの初期設定からレポートの書き方まで丁寧に教えて頂くことができました。スタッフの方々は全員が作業を終えるまで親切に対応して下さるので、途中で分からなくなって置いて行かれてしまうことは絶対にありません。
もちろん、講習会だけでなくこれからも、不明なことがあれば生協へ相談に行くことができます。大学生活ではレポートをデータ提出したりkeio.jp上の授業のレジュメをダウンロードしたりとパソコンが必要な場面が多く、パソコンを持ち歩かねばならない日もあります。もしものことがあったとき、気軽に相談できる窓口があることも塾生パソコンの大きな魅力です。

法学部 T先輩

講習会を終えて

私は大学入学時に、自分のパソコンが必要になることを知り、塾生パソコンの購入を検討し始めました。最初はMacを持って颯爽と歩く大学生というイメージへのぼんやりとした憧れから、塾生パソコンを持つことを躊躇していました。そんな時、パソコン講習会の存在を知り、「いくらかっこいいパソコンを持っていても、使えなければ意味がない」と塾生パソコンの購入を決意しました。全部で4回あったパソコン講習会はどれも実りのある授業でした。Wi-Fiに接続することすることすら今まで家族に任せていた私にとって、どの授業も未知の世界で、戸惑うことが多かったです。しかし先生の丁寧な指導のもと、4回にわたる講習会を終えた今、PowerPointまで完璧に操れる自信があります。私は文学部なので授業の中でパソコンが必要とされる機会はまだありませんが、サークルの活動の中でPowerPointを使った発表を行う機会が多くあるので、講習会を通して得た知識をこれから存分に活かしていきたいと思います。

文学部 M先輩

塾生パソコンのお申し込み・詳細へ戻る

慶應義塾入学者・受験生応援サイトTOP

ページの先頭へ