PC本体に込めた思い-先輩塾生の工場見学・開発者との懇談-

慶應義塾内で在学中ずっと
安心してご使用いただくために

塾生パソコンの開発・検証は2017年1月まで続きます。

塾生パソコンをもっと知りたい方へ

まずは 資料請求。最新の情報をお送りします。

PC本体に込めた思い-勉学研究の成果のために。こだわりぬいた本体を選択します-

イメージ

勉学・研究成果を守り抜く。唯一無二のタフボディに併せ持つモバイル性能。

スタイリッシュなパソコンが家電量販店の店頭に溢れる中、なぜ慶應義塾生協はパナソニックのLett's noteを頑なに主張するのでしょうか。その理由は、勉学・研究成果(=財産)を強固に守るタフさと軽さを持ち併せているパソコンこそ、塾生にふさわしいと考えるから。
76㎝(机上)からの自由落下・100㎏で圧迫…等の過酷な環境に物理的に耐える強さ。さらに14時間駆動のバッテリーとDVDスーパーマルチドライブ搭載世界最軽量929gのらくらく持ち運べるモバイル性能。慶應義塾の教職員の方々をはじめ、報道機関、企業等で圧倒的な支持を得ています。

PC本体に込めた思い-先輩塾生が工場見学を、さらに開発、修理の現場を視察しています-

2016年9月15日-16日 
パナソニック本社&工場見学感想文

“驚きや感動の多い工場見学でした” 商学部2年 西田圭佑

一日目の守口のパナソニック本社見学でたくさん学ばせていただきましたが、もっとも印象に残ったのはパナソニックさんの物作りに対する情熱です。
より良いパソコンを作るために日々研究を続けており、何度も失敗してなぜ失敗したのかをしっかり分析し、より良いパソコンを開発していると印象をうけました。

続きを読む

※この記事を読むのに必要な時間は、約155秒です。

“レッツノートへの信頼がさらに深まりました” 法学部政治学科1年 横地はるなさん

初日は本社にてPanasonicさんのまだ発売されていない新型ノートパソコンを見させて頂きました。
世の中に出ていないものを見ることの出来る大変貴重な機会でしたし、何より学生の意見を聞いてそれを反映しようとしてくださるPanasonicさんの姿勢に感銘を受けました。

続きを読む

※この記事を読むのに必要な時間は、約120秒です。

“信頼できるパソコンだと確信させられました” 商学部1年 松永理沙さん

レッツノートのコンセプトについて、モバイル開発部の方からお話を聞かせてもらいました。
正直、実際にレッツノートに触れたのが私は今回が初めてだったのですが、一番驚いたのが、その軽さです。これなら私達学生が毎日学校に持っていくにもぴったりだなと思い、もしこれからパソコンを新しく選ぶならこれにしたいと思えました。

続きを読む

※この記事を読むのに必要な時間は、約115秒です。

“新入生にも自信を持って勧められると感じた” 法学部法律学科2年 山中拓実さん

この日は、Panasonicの職員さんがパソコンをどのような思いで作っているのかを話してくださった。印象に残っているのは、初期のレッツノートパソコンを作る際、他社のパソコンが満員電車の圧力で割れてしまうことが多いということを問題視し、実際に社員が満員電車に乗り込み、電車が満員になった際にどれくらいの圧力がパソコンにかかるのかを調べたというエピソードである。

続きを読む

※この記事を読むのに必要な時間は、約126秒です。

“12年間連続No.1なのも納得だと感じました” 慶應義塾生協日吉店パソコンフロア 佐藤麻子さん

機構設計担当の田中慎太郎さん(モバイル開発部機構設計1課)の貴重なお話を聞けました。
なかでも、100kgに耐えるレッツノートの開発裏話が大変興味深かったです。満員電車で他社製ノートPCの液晶割れが多発して、お客様が困っておられるということを聞き、身体を張っての調査を行ったのが最初のお仕事だったそうです。

続きを読む

※この記事を読むのに必要な時間は、約141秒です。


工場レイアウト・見学ルート

工場レイアウト・見学ルート

工場レイアウト・見学ルート

慶應義塾内で在学中ずっと
安心してご使用いただくために

塾生パソコンの開発・検証は2017年1月まで続きます。

塾生パソコンをもっと知りたい方へ

まずは 資料請求。最新の情報をお送りします。

塾生パソコンのお申し込み・詳細へ戻る

慶應義塾入学者・受験生応援サイトTOP

ページの先頭へ