公認会計士にチャレンジ。早めのスタートが肝心です!

公認会計士の資格にチャレンジする方へ

大学進学前からも開始できます。慶應生協日吉店3階(スタディガイドトラベルフロア)で開催中の相談会にご参加ください。
高校生、保護者の方の参加もお待ちしています。

詳しくは相談会日程表でご確認ください。

公認会計士の魅力

  • 高収入:初任給は大企業の約2倍です!!公認会計士の平均年収は1100万円以上です!
  • 安定性:好不況の影響が少ない!監査は公認会計士しかできません!
  • 就職活動:公認会計士試験の大学在学中合格者は超売り手市場です。あっという間に大手監査法人や一流企業から内定が…!!
  • 休暇:長期休暇が取りやすく、プライベートの時間も充実しています!
  • 女性にオススメ:出産・育児の後に、容易に仕事に復帰できます。様々な勤務形態で働くことが可能です。

慶應義塾大学は公認会計士試験合格者42年連続No.1です!!

2016年度 公認会計士試験 出身大学別合格者数

※会計士三田会資料に基づく

順位
大学名
(合格者数)
1位
慶應義塾大
139名
2位
早稲田大
96名
2位
中央大
96名
4位
明治大
72名
5位
東京大
36名
6位
同志社
33名
7位
立命館
29名
8位
法政大
27名
8位
関西学院大
27名
9位
神戸大
26名

公認会計士試験合格までのスケジュール

(例)高校3年生の慶應大入学前の学習パターン

大学への入学が決定している方をモデルにした参考例になります。大学1年生以降は慶應大1年生のスタンダードパターンに合流することになります。

高校3年生から簿記の先行学習を開始すると学習にゆとりができます。したがって、大学在学中合格が近づいてきます。

高校3年生
(2017年)
11〜3月

簿記3級の先行学習を開始。早めにスタートができる場合は、簿記2級までの先行学習を開始しましょう。

*各スクールの相談会や無料簿記体験講座に参加することをオススメします。

*大学入学前に公認会計士本講座にすすむことができます。

(例)高校3年生の慶應大入学前の学習パターン

大学1年
(2018年)
4月 →公認会計士試験の学習を開始
6月 →公認会計士試験の学習の流れで、日商簿記や2級の受験をする方もいます。
11月 →公認会計士試験の学習の流れで、日商簿記や2級の受験をする方もいます。

大学2年
(2019年)
12月 →公認会計士 第I回短答式試験(マークシート)

大学3年
(2020年)
5月 →公認会計士 ※第II回短答式試験(マークシート)

*大学2年生の短答式試験に合格できなかった場合に再チャレンジが可能です!!

8月 →公認会計士 論文式試験
11月 →公認会計士 論文式試験合格発
→就職活動開始
12月 →就職内定!
  • 慶應大学在学中に合格し、内定を得ることで、その後の大学生活を有意義に過ごすことができます。
  • 現在は合格者有利の超売り手市場のため、合格=ほぼ就職確定という絶好の就職状況にあります。
  • 合格後から卒業までは、監査法人などで非常勤として実務を学ぶためにアルバイトをする方が多いようです。また、アルバイトの時給も他のアルバイトと比較してかなり高給です。アルバイトで貯めたお金で留学や旅行など、プライベートを充実させている方が多くいます。

皆様も是非、早期からの学習開始で「大学在学中合格」を目指しませんか?

先輩の声

私は高校3年生の頃から公認会計士を目指すようになり、公認会計士の導入部分である「簿記」の先行学習を高校3年生の冬から始めました。私は中高一貫校出身であったため大学受験をしておらず、自分にとって大きな課題を課して成長しようと考えていました。そこで、生協で開催されている公認会計士相談会に参加して、相談している中で簿記の無料体験講座に出会い、本格的に公認会計士への道を歩みはじめました。

慶應義塾高校出身 経済学部 3年在学中合格 Iさん(男性)

私は高校生の時から、「資格を活かして働きたい」と思っていました。価値ある資格であり、プライベートも充実した働き方ができるものを探していました。慶應大学生協の公認会計士イベントに参加して、将来のライフプランを考えて産休・育休などの制度が充実している監査法人で公認会計士として働きたいと考えるようになりました。公認会計士は繁忙期を除いて、一般的な企業よりも長期休暇が取りやすいと聞いたので、私の趣味である海外旅行にたくさん行けるというメリットもありました。女性の方にもおすすめできる資格です。

慶應義塾女子高校出身 商学部 3年生在学中合格 Hさん(女性)

ニュースで大学生の就職活動の様子を見て、大学入学直前に将来の自分について考えるようになりました。そこで、慶應義塾大学が毎年最多の合格者を出している公認会計士について調べてみることにしました。公認会計士には、多くの魅力があることを知りました。「高収入」「安定性」「女性も働きやすい」など知れば知るほど、公認会計士を目指してみたいと思うようになりました。

法学部 3年生在学中合格 Oさん(女性)

将来はコンサルや起業など、自分の好きな仕事を自由にやりたいと考えていました。生協の会計士相談会に参加し、様々な業務フィールドで活躍ができることを知り、挑戦してみようと思いました。私が参加したスクールの簿記の勉強がとても楽しく、数学があまり得意ではない私でもできると感じ取れました。絶対に大学在学中合格をしようという決意をし、スクールで多くの友人と切磋琢磨して合格までたどり着きました。

商学部 2年生在学中合格 Sさん(男性)

資格(公認会計士・司法試験)取得へ戻る

入学が決まったら資料請求!!

慶應義塾入学者・受験生応援サイトTOP

ページの先頭へ